FAQ よくある質問

FAQ

HOME//よくある質問

Q

節税の際、何に気を付ければいいでしょうか?

「節税対策」と言うと聞こえが良いですが、対応を誤ると、逆に事業経営を窮地に追い込んでしまうこともあります。ご自身に合った節税対策を行うためには、最善の方法が何なのかを、日頃から顧問税理士とじっくり話し合っておくことをおすすめいたします。
お客様が不要な税金を払い過ぎたり、資金をショートさせることがないよう、これまでの豊富な経験を活かし、あらゆるアドバイスをいたします。

Q

まだ起業したばかりですし、相談するのは早いですよね?

「十分な利益が出てから申告を行えばいい」と思ってしまうのは、実によくある間違いです。事業を始めたばかりで利益がないときだからこそ、税務のプロである税理士に申告や経理について相談しておくことが大切です。
企業として歴が浅いうちからしっかりとした経理処理を行い、後々の事業経営に活用していくことが、内外への信頼を培う有効手段となります。早め早めの対策で、事業におけるトラブルの未然予防を心がけていきましょう。

Q

経理処理はいつお願いすればいいのでしょうか?

税務申告のためだけに、申告時期になって焦って対応してはいけません。適切なタイミングでその都度処理を行うことで、そのときどきの事業の状態を数字で把握することができますし、思い込みによるミスを防ぐことにも繋がります。
経理処理を無駄なくスピーディーに行い、会計帳簿を適切に作っていくことで、このような事業上の問題を浮き彫りにすることができるのです。事業の健やかな継続のためにも、ぜひ税務のプロにお任せください。

Q

初回相談から契約までの流れを教えてください。

お困りごとのある方は、まずは当事務所にお問い合わせください。お電話・FAX、またはメールなど、ご都合の良い手段でかまいません。折り返しご連絡を差し上げますので、面談の日程を決めていきましょう。
対面あるいはオンラインミーティングにて、ヒアリングと無料相談を実施します。お客様の抱えている課題について詳しくお伺いし、税理士としてお手伝いできる仕事をご説明します。その後プラン詳細と共にお見積もりを提出いたしますので、ご納得いただきましたら、ご契約となります。

Q

税理士さんには具体的に何を頼めるのですか?

税理士は、文字通り税務の専門家です。経営者(法人・個人事業主)、不動産オーナーさんなどの税務書類作成のほか、納税・節税対策、資金繰り、設備投資計画などに関するアドバイスを行うことができます。また、贈与税や相続税などの申告代行も我々の仕事です。
また、中小企業のパートナーとして財務面の検討や税金対策を担い、税務調査に際してはお客様の信用や権利を守ることも税理士の務めです。「こんなことも頼めますか?」というお悩みがありましたら、遠慮なくご連絡ください。